前へ
次へ

小児医療実現のために重要なこと

小児医療というのは、大人よりの脆弱な子供の健やかな成長や病気の総発見や治療のためにも大変重要なことです。
日本は少子化がかなり進んでいることから、小児医療はかつてよりも重要な役割を担うようになりました。
子供の健やかな成長のために、かかりつけの小児科医をさがす親御さんが増えたことで、小児医療はさらに重要性を増しています。
地方行政サービスでも、子供の医療に対するサービスと連携の強化には力を入れていて、地方都市であっても充実したサービスを受けら得るようになってきています。
ただ、小児科医というのは依然として人員が不足している中で、限られた人員の中で多岐にわたる治療を請け負うことが社会的に求められます。
そのため、地域医療の充実のためには、総合病院や大学病院との連携の強化が必要不可欠であり、緊急性を要する場合には至急搬送できるような体制を整えておくことが求められます。
地域の医療機関が連携を強めることで、子供の健康につながるのです。

Page Top