前へ
次へ

小児医療の現状について

ここにきて、日本国内では高年齢化は急に深刻化し、様々な社会問題となっています。
こうした状況において、日本政府も国の存亡をかけ少子化に効果的な対策に乗り出そうと考えています。
社会の高齢化では、子供をヘルシーに育てるために、社会に小児科医の活動がなお一層必要とされています。
しかしながら、小児科医の数は、一時的に減った後、最近なだらかな漸増傾向にあるとは言われるものの、以上のような社会のニーズに応えるための必要数がクリアーされているとは言い難いといえるでしょう。
ですから、少子高齢化が進んでいるわが国において、実効性のある取り組みが急がれるといえます。

いわき ホームページ

引越し 見積り

電解次亜水とは?

掃除のプロがあなたのお家をキレイにします

たしかに、現状において我が国には高齢社会の訪れということで、子供の数が減少し、小児科医のニーズが減ってきたかのような誤った認識が持たれています。
しかしながら、基本的には少子高齢化社会にあって、あまり多くない子供を大事に育てるというトレンドが強まり、かかりつけ医という形で小児科専門医を選択する親が増えています。
さらに、近頃マスコミでも取り上げられているように、小児医療の拡充を希望している声はとても高くあります。
そして、ここ最近国では居住者に対する行政サ−ビスの1つとして昼夜を問わぬ小児医療の供与が掲げられています。
それに対して各地の住民のリクエストも高いものがあります。
医師で小児科を希望している人が減少してきているとても大きな因子のひとつは、経済的な要因があげられます。
成人を対象とした今現在の診療報酬体系下においては、小児科の採算性は比較的低く抑えられているといっていいでしょう。
小児を対象にした医療の専門性については現行の健康保険システムで正しく高く評価されているとは言いがたい面があります。
小児医療の技術の非常に高い専門性を受け付けて採算性をフォローすることになれば、救急や新生児医療を合わせて国の小児医療の将来性は充足されたものになることと望まれています。

Page Top